アメリカのバストーナメントとは? B.A.S.Sの場合

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

バス釣りの本場アメリカには、「B.A.S.S」(ビー・エー・エス・エス)と呼ばれる古くから存在するバス釣りの競技団体があります。

この競技団体には、「バスマスターエリート」「バスマスターオープン」「バスマスターネーション」「バスマスターカレッジ」というカテゴリーが存在し、1年に1回各カテゴリーで好成績を残した選ばれしトッププロ50名で行われる世界No.1を決める「バスマスタークラシック」という大会が開かれます。

バスマスタークラシックには、最高額の賞金300,000ドル(約3,600万円)と世界チャンピオンという最高の名誉を得る事が出来ます。アメリカのBASSが主催する大会に出場するアメリカ人のほとんどは、このバスマスタークラシックに出る事を夢見る人がほとんどだと思います。

スクリーンショット 2017-01-21 16.19.07シマノコラムより

バスマスタークラシックに出るには

スクリーンショット 2017-01-21 16.11.19シマノコラムより

  1. バスマスターオープン戦で優勝する
  2. バスマスターエリートに出場して年間ランキング30位以内に入る
  3. バスオブジャパンで日本代表の権利を獲得してバスマスターネーションで勝ち上がる

 

バスマスターオープンとは

スクリーンショット 2017-01-21 16.23.16

バスマスターオープンには3つのカテゴリーがあります。アメリカの北部地区で行われる「ノーザンオープン」、中部地区で行われる「セントラルオープン」、南部地区で行われる「サザンオープン」と、3つのディビジョンに分けられて年間各3試合行われています。

イヨケンさんや、キムケンさん、深江さんや宮崎さん、佐藤さん、北嶋さんや加藤さんが出ている大会はこのオープンカテゴリーですね。

各ディビジョンでの年間ランキングが上位5位には来年のエリートシリーズへの昇格権が与えられます。その為、エリートシリーズの登竜門とも呼ばれています。また、各3試合行われる試合に1試合でも優勝すれば、翌年のバスマスタークラシックへの出場権を得る事が出来ます。

バスマスターエリートとは

スクリーンショット 2017-01-21 16.24.10

参加費1試合約60万円のアメリカで最高峰のトーナメントカテゴリーで、選び抜かれた総勢111名のトッププロで形成されており、年間約8試合を戦います。年間ランキングが低ければ、オープンカテゴリーへ降格したりします。各試合の順位ごとにポイントが加算されていき、最終戦を終えてポイントが1番高い選手は、AOY(アングラーズオブザイヤ―)という年間最優秀選手という賞を受賞する事が出来ます。

現在、このエリーシリーズに出場している日本人アングラーは、大森貴洋プロ清水盛三プロの2名だけです。

 

バスマスターネーションチャンピオンシップとは

スクリーンショット 2017-01-21 16.28.22

アメリカのB.A.S.Sによって形成されており、バスオブジャパンという日本にある団体の大会で日本代表の権利を得ると、アメリカでクラシック出場を懸けたチャンピオンシップに出場する事が出来ます。また、チャンピオンシップで上位3名以内に入るとクラシック出場権とともに、次年度のプロ戦の権利と、参戦に必要なフルリグのバスボート、牽引車両が1年間貸与されます。

スクリーンショット 2017-01-21 16.06.13バスオブジャパンより

 

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夢はアメリカのバス釣りで世界1(バスマスタークラシックチャンプ)になること! その為にブログでの広告収入で資金調達出来る事を目指し、 アメリカに行っても朝から夕方まで練習できる最高の環境を作る為に日々精進中です!何事も全力!!