【世界チャンプKVDに学ぶ】トーナメントの勝ち方 ’プラクティス編’

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

スクリーンショット 2017-02-02 15.17.06bassmaster.comより

アメリカで行なわれている世界最高峰の過酷なバストーナメント バスマスターエリートで圧倒的な強さから皇帝の異名を持ち、世界チャンプに4回もなっている”ケビンヴァンタム”

 

世界最強と言っても過言ではないケビンヴァンタムのトーナメントの勝ち方について、ネットサーフィンしてたら面白いのを見付けたのでご紹介します。

 

Part 1: Practice ”練習”

 

このプラクティスは実際には練習ではないことをすぐに理解できます。練習は準備です。魚を釣るための準備は万端ですか?。これがケビンヴァンタムの基本です。

 

 

1.watch the weather.”天候を見ろ”

“The first thing I do to get ready for a tournament is watch the weather. If possible, I start two weeks or so before the competition. I don’t think enough guys do that. Successful bass fishing is about fishing towards the weather, not away from it.

“Just because it’s been unusually warm or cold during practice doesn’t mean it’ll stay that way. Wind direction and intensity change in a matter of minutes. It can rain for hours and in less than a minute the sun will be shining down on you. Know what’s coming.”

 

トーナメントが始まる前に1番最初にすることだそうです。大会が始まる2週間前、もしくはもっと前から見ているそうです。

フィールドで事前に何が起こっているかということを知ることが大切。

 

 

 

2.Get enough rest and eat properly”十分に休み、規則正しい食事をする”

I get plenty of sleep before a tournament — usually seven or eight hours — and eat properly. I take big, thick sandwiches with me as well as granola bars, energy bars, vitamin water, water and maybe a few soft drinks. Your outboard motor won’t run without fuel and neither will your mind and body

 

・7〜8時間睡眠を基本としているそうです。

・正しい食事

乗り物は燃料が無いと、動かないのと同じように、あなたの身体も同じです

 

 

 

 

 

3. Have your rig and tackle ready to go.”タックルの準備をする”

You can’t concentrate on fishing if you’re worried about something breaking or not having the right tackle. Carry everything you can think of and know how to use it and how to repair it. That’ll keep your mind free to worry about the fish and what they’re doing.

“I watch all the repairs and maintenance as they’re being done on my rig. I carry spare parts and tools with me. And, I always pack along a wide variety of baits, rods, reels and line, regardless of what I expect to be using on any particular day. You never know

 

1.試合に集中するためにタックルに対しての不安要素を取り除く

2.使い方を学び、修理方法を知っておく事によって様々な不安から解放される

3.スペアパーツや修理工具を準備しておくこと

4.あらゆる場面を想定してタックルを準備しておくこと

 

 

 

4. Find several spots.”たくさんのスポットを見つける”

For a one day tournament your eye should be towards a spot or two for a morning bite and then several others that’ll produce later in the day. For a multiday event you should have a dozen or more, depending upon how long the tournament will last.

“Always make sure you have options. Maybe someone else will be sitting on your best spot, or the weather might change making it impossible to reach or fish your best place, or the bite just doesn’t happen. Regardless, don’t limit yourself to one or two places. Make sure you have fresh water available at all times

 

1デイトーナメントの場合

1.モーニングバイトを取るためのスポットを1つか2つ

2.その後のスポットをいくつか持つこと

 

2.数日あるトーナメントの場合

1.12か所以上のスポットを見つけること

2.選択肢を常に明確にしておくこと

3.常にフレッシュウォーターの可能性を明確にする

 

 

5. Develop several patterns.”パターンをいくつか確立させる”

Don’t get stuck on one pattern. Just because you catch a couple of keepers during practice on crankbaits doesn’t mean crankbaits will be the winning pattern. Try topwater plugs, jerkbaits, swimbaits, jigs, Carolina rigs, drop shotting and whatever else you can think of. You never know what you might discover.

“The idea is to develop several patterns so that if one fails you have other options. Things change quickly out there. Be prepared

1.1つのパターンに固執しないこと

2.パターンを発見するために、自分で考えられる釣り方(パターン)を全て試すこと

3.1つのパターンがダメだった時や急な状況変化に対して準備するってこと(サブパターンをいくつも持つことだと思います・・・・。笑)

 

 

6. Don’t catch your fish.”魚をキャッチしない”

Don’t catch your fish in practice. The idea is to cover water, find spots and develop patterns.

“You don’t need to know everything that’s under the water or every bait that’ll catch a bass on a particular spot. All you need to know is that bass are there. Find them and move on. Save the details for the tournament.

“I know this is hard to do, especially for recreational anglers who only get to fish on the weekends. It’s fun to catch bass. It’s hard to resist a good, active bite. But, this is a competitive sport. It’s about the tournament and weighing more pounds than your fellow anglers. Don’t forget that.

1.プラクティスでは、多くの水域をカバーし、スポットをたくさん見つけ、パターンを確立させる

2.ある特定のスポットのバスがそのルアーで釣れるかを知る必要はない。

3.知っておくってことは、そのスポットにバスがいるかどうかという事

4.バスがいる事を確認したら、魚をセーブし、次のスポットに移動

5.4は難しい事だが、トーナメントでは人よりも1lbでも多くウェイインしなければならない事を忘れてはいけない

 

 

7. Keep a positive mental attitude.”ポジティブ思考を持ち続ける”

There’s no such thing as luck — good or bad. And, there’s no such thing as a hot streak or a slump. Every day — really every cast — is a new experience. Success or failure in the past has nothing to do with the future.

“Luck, slumps and that sort of nonsense are excuses, not reasons. Bass don’t know who you are or what you did yesterday. Go out and catch them and win the tournament.”

 

1.毎日、毎回のキャスト、これは、新しい経験になり、過去に経験した成功や苦い経験は過去の話

2.これはこれ、それはそれ!未来は未来!

3.バスは、昨日あなたが何していたか知らないし、あなたが誰かなんて知らない。

5.運やスランプは、釣れない理由にならないし、それを言い訳にしてはならない

4.ただ、釣りに行き、バスをキャッチして、トーナメントに勝つ、これだけだ!

 

※ざっくり英訳なんで詳しくは、ESPN.comから見てみてください。全文英文ですが(笑

 

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夢はアメリカのバス釣りで世界1(バスマスタークラシックチャンプ)になること! その為にブログでの広告収入で資金調達出来る事を目指し、 アメリカに行っても朝から夕方まで練習できる最高の環境を作る為に日々精進中です!何事も全力!!