ブログタイトルでも使っているWeatherCockerの意味とは?

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

Weather Cocker(ウェザーコッカー)と呼びます。

この言葉が生まれたのは、2年前くらいですかね。

小学校からの親友と”四国の旧吉にボート引っ張って釣り行こうよ”って話になって約片道10時間、いつか自分たちのブランドを持ちたいねっていう未来を熱く語りながら、名前なにする?って名前を考えながら旧吉まで向かっていました。

ひたすら考えても、全く思い浮かばず(笑

そんな中、コブクロの”風見鶏”って曲があるんですが、その曲が偶然流れてきて、グッときたんですよね

いつの日も  向かい風を探す  風見鶏のように
真っすぐ時代と 立ち向かい  生きてゆきたい
逃げ出さないように   流されないように
心に 深く深く  突き立てた  風見鶏

コブクロ-風見鶏より

 

風見鶏って、1番高い所に立ってて、常に風上に向かって立っていて、豪雨が降ろうが、爆風だろうが絶対に風上を向き続けていますよね?

その風見鶏みたいに、どんな困難が自分を襲っても逆境に負けず、夢を叶えて世界チャンプになりたいって自分の夢を掛け合わせて、風見鶏「weather cock」「er」を付けて

(一般動詞に「er」を付けると「~する人」という意味です。例:テニスプレイヤーtennis player)

Weather Cockerになりました。

まー、ガッツリ造語ですね。

でも、夢に向かってブレない自分の生き方と風見鶏の常に風上を向き続けるってのが気に入ってこうなってます。

 

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夢はアメリカのバス釣りで世界1(バスマスタークラシックチャンプ)になること! その為にブログでの広告収入で資金調達出来る事を目指し、 アメリカに行っても朝から夕方まで練習できる最高の環境を作る為に日々精進中です!何事も全力!!