ドラグ不要!?レバーブレーキ付きのリールはバス釣りでも使えるのか

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

そもそも、レバーブレーキとは?

出典:daiwa.comより

レバーブレーキとは、従来のスピニングリールのドラグシステム(設定した負荷以上掛かった時にジリジリラインが出て行くシステム)と全く違い、レバーを1度手前(自分側)に押すと『カチッ』と音がなり、レバードラグスイッチがONの状態になり、そのままレバーを離すとベールとハンドルが逆回転し、ラインが出て行きます。レバーを手前の方に押している間は、逆回転しなくなります。離すと、逆回転するといったシステムになります。

OFFにしたいときは、手前とは逆に奥側に押せば『カチッ』と音が鳴り

レバードラグをONにしない限りは普通のドラグ付きのリールと何も変わりはありません。

 

ストッパーレバーがそのままレバーブレーキという名前になって、付いている場所が変わったって感じですね。

主にグレやチヌなどの上物(うわもの)狙いでのウキフカセ釣りで使用されることが多く、最近ではシーバスゲームやヒラメゲームでも普及してきました。

 

 

レバーブレーキの形は、メーカーによって異なり、ダイワ製のリールは棒状、シマノ製のリールはピストルの引き金の形状みたいな形になっています。

なぜ、ウキフカセ釣りではレバーブレーキリールが主流なのか。

出典:Youtube野性を解き放つ旅より

ウキフカセ釣り(通称:フカセ釣り)は大体5m〜5m30cmの磯竿を使うことが多く、魚を掛けてから、竿を曲げて竿の反発力でいなしながら釣るといった釣りになるので、磯竿はルアーロッドよりももっと柔らかくなっていて、フカセ釣りで使うラインも細く、道糸(メインライン)2号前後(8lb)を使用しハリス(リーダー)が大体1号〜3号(4lb〜12lb)を使用します。

フカセ釣りでの対象魚となるグレ・チヌはエサを食べたら棲家となっている岩場等に向かって帰ろうとする習慣があります。

魚の活性が高ければ別ですが、ラインを太くすると食いが悪くなることもあり、細くしすぎると岩に擦れて切られたりします。

 

竿を曲げて竿の反発力で魚を浮かせる時に、魚が急に走って竿が乗される事があります。ここで魚と引っ張り合いすると切れる、竿を立てて竿の反発力で魚を浮かしたいけど、魚に竿が乗されて、全く竿を立てられない。このまんまだと、ラインが切られる・・・・。

 

はい、ここでレバーブレーキ付きのリールの出番です。

 

レバーブレーキを使って、ラインに必要以上のテンションを掛けずにリールを逆回転してラインを出す事によって、竿を立てる事が出来るので、立てた分だけ竿を曲げて竿の反発力で魚を浮かす為にフカセ釣りではレバーブレーキが必要なんです。

 

バス釣りでも、ベイトタックルを使ってて、ボート際でバスが急に突っ込んで竿が乗されて、慌てて手でクラッチを切る経験ってありますよね?こういった時にレバーブレーキリールでは、人差し指1本で簡単に対応が出来ます。

ただ、ベイトリールにはレバーブレーキなんてついてないので全く意味無い例えですけどね。笑

でも、最近シーバスやヒラメゲームに普及しだしてきたレバーリールにはちゃんと意味があります。

 

レバーブレーキ付きリールのメリット

1.細いラインが使える!?

レバーブレーキ付きのリールは、魚が不意に走ったタイミングで自由にラインを出せるので、普段使ってるラインよりも1ランク細いラインでもやり取りができると思います。

なので、バスに限らず、シーバスでもヒラメ狙いで細いラインを使ってても、フッキング後すぐに魚が走るタイミングでラインを出せるので、ラインが切れる限界値よりも先にラインを出せるので簡単にラインブレイクされません。(擦れたり、細すぎるのは終わりですが笑)ラインが細ければトレースコースやルアーのアクション、バイト数にも影響してくると思います。

2.キャスト前にたらしの長さを片手だけで簡単に調整出来る

キャスト前にロングキャストしたいからたらしの長さをもう少し長くしたい、巻き取りすぎたからたらしを少し長くしようって時に簡単にレバーで調整できます。カチッカチッってするだけですね。

3.魚をバラしにくい!

根本的に魚がジャンプするのは、アングラーがリールを巻いて引っ張るからですよね。そして、ジャンプしたらorしそうになったら、ロッドを下げるのが一般的だと思うんですが、この動作が不必要になります。ジャンプオフでバラさない為にも、ジャンプしそうになる前にレバーブレーキを使ってラインを出しつつロッドで頭を振ってあげれば、ジャンプせず、バラシの主な原因のフッキング部位の身切れ、ハリ穴の広がりが防止でき、バラシ率が軽減されるからです。

 

実用できるかは、実際どうなのか、やっぱり魚を掛けてみないと分からないですねけどね。笑

後日まずは、近所の川にいるコイで実験ですね!笑

 

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夢はアメリカのバス釣りで世界1(バスマスタークラシックチャンプ)になること! その為にブログでの広告収入で資金調達出来る事を目指し、 アメリカに行っても朝から夕方まで練習できる最高の環境を作る為に日々精進中です!何事も全力!!